遺産

代償分割とはどんな相続方法?

遺産分割の方法の中には、3つの方法があります。
その中の1つ「代償分割」の方法についてお話したいと思います。
ちょっと、複雑な分割方法になっているので、じっくり内容を確認してみて下さい。

では、代償分割とはどういった内容なのかと言うと、遺産を相続人の間で分割することはしないで、
決まった相続人が特定の遺産を全て分けてもらい自分のものにします。
そして、その代わりに受け取った相続人の財産を、他の相続人に与えるといった分割方法となっています。

簡単な方法とは言い切れませんが、代償分割をした方がいいと考えられる場合もあるんです。
その遺産の内容は、家や農地などの不動産や自社株が主な遺産である場合には適していると思われます。

このような土地や株などの財産を分割という形にすると、
後からのトラブル原因になってしまうことが多いとも言われているので、気を付けて判断してみて下さい。

この代償分割では、代償金を貰う側と払う側に別れます。
貰う側としては、受け取った代償金から相続税を納めればいいので、大きな負担はありません。
ですが、払う側にしてみると代償金と自分の相続税は、全て自分の収入から払わなくてはいけないんです。
これはとても重い負担になってしまいますね。

収入から払うと考えると、所得税や住民税なども収めなくてはいけないので、
税金を引いた後での代償金を払うということになります。
相続分の金銭を相続人に要求する時には、税金などを引いた後での額をめやすとして
話を進めていくことがいいと思います。

この様に、色々なパターンから遺産分割というものがあります。
私は、ほとんど聞いた事ないようなものばかりでした…
でも、ここでしっかり理解することで、何かあった時に混乱することなく
遺産分割を進めていけると思っています。

少しでも、頭の隅に入れておくだけで、いざという時の違いは明らかに分かると思います。
是非、参考に内容の確認をしてみて下さい!

Menu