遺産

遺産分割競技の方法

もしも、いつどこで何があるかわからない事。
それは人の死でもあります。
突然の出来事で、どうしていいのか分からず、ただ焦っているだけの自分にはなりたくないですよね。
葬儀などは、簡単に済ますことができたとしても、相続に関してはかなり複雑で難しいものだと思います。
そのためにも、遺産分割協議を行う事で、遺産のトラブルを無くし、話を進めていける可能性はあります。

今回は遺産分割協議についての基礎知識をお話したいと思います。
遺産分割協議とは何をすることなのか?というと、相続人全員が集まって(プラス財産・マイナス財産)の
取得者などを話し合いをして決めるために行う事です。

遺言書がある場合は、その内容に従って取得財産を決めますが、
遺言書が無い場合にはこの遺産分割定義をすることが基本となっています。
しかし、遺言書があった場合でも、遺言からもれている財産が見つかった場合や
遺留分減殺請求をされた場合などには、遺産分割協議が必要となります。

遺産分割をすることに期限というものはありません。
しかし、なるべく早くに手続きを済ませておくことをおすすめします。
何故かというと、遺産は相続人全員の共有財産となります。
そのため、この状態で相続人の誰かが死亡してしまったなどといった問題が起こった場合、
だれが受け取るのかなど遺産の分割はかなり困難になってしまうんです。

このように、遺産分割協がスムーズに話し合いもでき、まとまってくれることが一番なんですが、
もしも協議では解決できなかったり、協議ができなかったりした場合はどうしたらいいのでしょうか?
そうなってしまった場合は、家庭裁判所に請求します。
調停と審判の方法があり、それでもと言う場合には裁判という形をとることもできます。

相続人同士の話合いですが、内容が遺産ともなると雰囲気も変わってくると思います。
後からのトラブルなく、安定した状態で遺産分割ができるように遺産分割協議をしっかり行ってください。
前もって内容を確認しておくと、更にスムーズに話が進むと思います。
是非、参考にしてみて下さい。

Menu