遺産

遺産分割で揉めないための遺言とは

遺産分割をすることになった場合、気にしなくてはいけないことがいくつかあります。
例として、父親が亡くなって、子供にあたる兄弟姉妹の相続人の中で
自分が遺産分割を進めていく立場になったとしたら、遺産分割協議で相続人全員と
話し合いをしなくてはいけなくなりますよね。

そういった場合になった時、どういうことに気を付ければいいものなのか?
簡単に説明していきたいと思います。
相続ということにあまり触れたことがないという方にも、初めてこのような立場になった時のためにも、
内容を少しでも理解しておくと気持ちも楽になると思います。
是非、参考にしてみて下さい。

では、先ほどの遺産分割でもめないためにはどうしたらいいのでしょうか?
ここで、一番大切になることは、相続人とのコミュニケーションをしっかり取るということなんですね!
遺産分割では、スムーズに話の内容を進めていき、もめることなく
皆が納得した状態で遺産分割を終わらせるということが理想なんですよね。

ですが、どうしてもお金などが絡んだ話の内容となると、何かともめてしまうことも仕方ありません…
でも、この状態を避けたいと考え、何故こうなっていまうのかと思うと、
コミュニケーション不足が原因となっているようなんですね。

特に、遺産分割でもめるケースで多い事はどんなことかというと、
相続人同士郵便で送る委任状にハンだけ押せというパターンがあるようです。
確かに、財産の確認もできず、何もわからないままの状態ですからね。
それで、委任状にハンを押す事はさすがに無理がありますよね。

では、最終的に話し合いでもめなくするための条件とは、相続人同士でしっかり話合い、
相手がどんなことを考えているのか聞く耳を持ち、財産がどれだけあるかなども、
オープンに知らせることも大切ですね!

遺産分割協議のスケジュールなどを立てて前もって報告するなど、
やる気を見せる事で各相続人も協力してくれるのではないでしょうか?

Menu