遺産

生前分与の際の贈与税

相続、遺産についてはの内容は本当に色々なパターンがあることがわかります。
知っているようで、知らない内容がとても多く、自分が突然相続人という立場に立った時に、
何もわからないまま相続人との話を進めて、遺産分割などもしなくてはいけなくなります。

そのためにも、分からない・知らないでは済ますことができない内容となっているので、
今から少しでも理解しておくことをオススメします。
わからないから、他の人に任せますなんて無責任なことはできません。
財産として受け継ぐものなので、しっかり責任を持って話を進めていきたいですよね!

そこで、今回は生前贈与についてお話したいと思います。
生前贈与といは、被相続人が生前時に、自分の財産を前もって人に分け与えることを言います。
個人が持っている財産なので、決まりなどはなく自分の意思で自由に渡すことができるんです。

この生前贈与を行うことのメリットとしては、後から負担しなくてはいけなくなる
相続税を抑えるということができる目的で使われている事も多くあります。
生前贈与と遺言の2つを使って、遺産分割をすつという方法がありますね。

次に贈与税はどんな時に払うのか?ということですが、
年間に110万円以上の財産を受け取った時に贈与税がかかります。
財産をもらった人が贈与税を納めるという義務となっています。
贈与税がかかる財産には、現金・預貯金・有価証券・土地・家などがあります。
その他にも、経済的に価値のあるものには全てに贈与税が含まれます。

生前贈与を受け取るという側の人は極めて少ないと思われます。
被相続人は生前時にすることなので、本人の意思や希望もそのまま通るわけですからね。
その時に起こる可能性があるトラブルとすれば、親族間でのもめごとになってしまうのではないでしょうか?

お金の問題ともなると、血が繋がってる関係であっても、なくても、
強気で出てくる人も多くなってまとまらなくなってしましそうです。
遺産相続が原因となって、家系全体の関係がバラバラになってしまうことは避けたいことですね。

Menu