遺産

知っておくべき相続税

相続には理解をするのが難しいとも言われている「相続税」という税金があります。
では、いざ相続に関係する場に立った時に、相続税について理解しているかと言われても、
大きく出ることはできない方も多いのではないでしょうか?

そこで、相続税とは何か?という基礎、相続税の掛かる財産や相続財産の評価の仕方、
相続税の計算方法など知っておきたい事をご紹介したいと思います。
是非参考にしてみて下さい。

始めに、相続税というものはどういった税金なんでしょうか?
相続税とは亡くなった人が残した財産に対して掛かる税金のことをいいます。
もし、借金があった場合には、財産から借金を除いたものに対して税金がかかってきます。

でも、相続税も全てにかかるという訳ではなく、
遺産の評価額は基礎金額以下である場合は相続税はかかりません。
このように様々なパターンがあるので、確認してみて下さい。

次に相続税がかかる財産ですが、対象となる財産は大きく分けてこの3つです。
本来の相続財産、生前の贈与財産、みなし相続財産となります。
でも、どういった財産なのかいまいち分からないですよね。

本来の相続財産は、遺産分野の対象となる財産です。
生前の贈与財産とは、相続の開始日から3年以内に取得した被相続人からの
受け取った財産のことをいいます。

みなし相続財産は、本来は被相続人の財産ではないのですが、
相続税の計算上はこれを相続財産のみなしと見て、上乗せするという財産なんです。
具体的な相続財産はというと、土地や建物から現金、生命保険、金属、自動車など
プラスになる財産にはこのようなこのがあります。

反対に、マイナスとして作用する財産は借金、未払いの税金や医療費などがあります。
お墓や国などに寄付した財産は、非課税財産として扱われます。

相続税も奥が深いものです。
いざ、自分が相続の立場に立ったとき、焦ることなくスムーズに話は進められるように
前もって知っておきたい事でもありますよね。
親族に頼るだけではなく、自分もしっかり相続人として理解しておくといいとおもいます!

Menu