遺産

遺言で相続税対策

被相続人から遺言が残っていた場合、どのように遺産分割などの相続税対策をすればいいのでしょうか?
あまり、このような場に立つことがないという方も多いと思うので、
いつどこで突然起こる可能性があることから、知っておきたいとは思っていても、
なかなか情報を確認するとまではしていないんですよね…

そこで、相続人という立場に立った時に、私は知らなかった、分からないから任せる
といったことになり兼ねません。

でも、相続人としてこのようにしてしまうことは許されません!
財産を受け取るという立場でもあるわけですので、責任というものも必要となります。
何も知らないで話をすすめるより、少しでも理解しておいた方が
よりスムーズに話の内容もまとめていくことができると思います。

そこで、今回は遺言を利用した相続税対策のお話をしたいと思います。
被相続人が死亡してしまって、遺言が残っているという場合には、
遺言の内容に従って遺産を分けるという事になります。
遺言書があることで、相続人で行う協議もスムーズにまとまり、
皆さんが納得した状態で遺産分割も終わらせるということができそうですよね。

そのためにも、遺言書は作成しておくことがいいと思います。
後々のトラブルを起こさないためにも、おすすめします。

遺言があることで、財産を受け取る側も決まっているので、
その内容に当たる相続人が相続税を払うということになります。
申告や納付期限は、死亡日翌日から10ヶ月以内になります。
申告や納付場所は、被相続人の住所地の税務署となっているので、改めてご確認してみて下さい。

遺言がなく、誰が払うの?誰がすることなの?と相続人同士でのトラブルにもなりかねません。
また、このようにお金が絡んでくる問題なので、人間関係にも隙間ができてしまうかもしれません。
なるべく早くの処理をすること、そして、遺言のことや相続税のことについて内容を
しっかり確認して理解しておくことが大切になってくると思います!

Menu